2016年08月14日

Evernote有料化

Evernoteからの引っ越し先として、ウェブ上ではほぼonenoteしか上がってこない。
しかしonenote、言うほど良くない。

自分が書いたものを保存しておくにはそこそこ。Androidアプリもさほど悪くない。(起動が遅い)
タグがつけられないのが不便。フォルダで管理しろという考えなんだろうが、時代遅れだと思う。

なによりダメなのはウェブグリップの貧弱さ。
PC-chromeのクリッパーでクリップするとウェブページが画像として取り込まれる。これじゃあとで検索したり文字や画像を拾えないじゃん。実はPCアプリには画像をあとで文字検索できるようにするという機能があるのだが、いちいちそんなことやるくらいならメモアプリの意味がない。
Androidアプリはもっとダメ。ウェブグリップといってもURLが保存されるだけ。
ブックマークと変わらない。どんな内容なのかは自分で書けつうのね。
そういう直感的に操作できない、やるべきことをあなた自身が理解してきちんとやりなさい、というのがマイクロソフト的なユーザーへの対応。その体質は全然変わってないんだと再認識した次第。

「書いたものを公開する」こともonenoteは不得意。Evernoteはあと一歩でブログ代わりになりそうなんだが、onenoteはまったく及んでいない。

Evernoteからの引っ越し先として、もうひとつの候補はGoogle Keep。こちらはまだまだこれから。Google Docsとの連携もありややこしい感じもするが、それでもonenoteよりは「これから」な分希望がある。と言えばある。

ということでいまさらながらEvernoteのがんばりを再認識しているわけなんだが。。。
どうするか。
posted by シマウマ at 09:23| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

画像が自動リサイズされたとき、ImageMapの座標指定を対応させるには?

画像の方は自動縮小されたとき、ImageMapの座標がそのまま。でクリッカブルエリアがずれる。
のを解消するには。

https://github.com/stowball/jQuery-rwdImageMaps
に行って、
jquery.rwdImageMaps.min.js
をゲットする。サーバーアップして
head内に
<script src="jquery/jquery.rwdImageMaps.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
<!--
$(function () {
$('img[usemap]').rwdImageMaps(); //スマホの画像縮小時のImageMap対応
});
-->
</script>

とやるだけ。すばらすい。
posted by シマウマ at 11:42| Comment(0) | javascript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

「[PayPal] メールの誤送信のお詫び」だって

メールの誤送信のお詫び

平素よりペイパルをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

2016年1月15日(金)、システムの不具合により「管理画面が新しくなりました」という件名でメールが誤送信されました。皆様には多大なるご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

ビジネスアカウントの管理画面は、2016年2月下旬ごろ新しくなる予定です。

今後ともペイパルをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

ペイパル
だそうで、笑った。見て「どこが変わったんだろう?」って思ったのね。
てか、だいじょうぶ? ぺいぱる。
posted by シマウマ at 20:14| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

残酷な神が支配する

マイマップをiframeに表示させる方法は前に書いたけど、なんと!マイマップからは経路検索とかできない仕様になってるらしく、そんなんじゃページにGoogleマップ埋め込む意味が半減、いや80%オフしてしまうじゃない!
閲覧ユーザーからすれば、このマイマップに☆印つけてお気に入りに登録して、はじめて自分(固有)のマップにポイントを持ってくることができ、そうすればルート検索できるようになるんだけど、そんな人に優しくない手続きをユーザに強いるのは(人の感覚からすれば)できないよね。ね!
マイマップじゃ駄目だぁ!ということで、丹精込めて作ってきた全国○○一覧マップは用なしになりそう。けっこう悲しい。
涙をふいて、 http://maps.google.co.jp/maps?q= の使い方をちょっと勉強してやってみると、経度緯度でポイントに旗を立てることはできた。そこからルート検索には行けるようだ。ただし。Google様は自らご存じない場所に下々の者が勝手になんらかの名前をつけることはお許しになっていないようで、「32°05'18.9"N 130°20'41.5"E」(この数値がまた指定した経度緯度とは微妙に違うという不思議もあるけど、ちょっと待って、それはまた機会があればね!)とかって名前?でしか表示できない。もちろん追加情報なんかも表示できない。こういう状況を人は「イマイチ」という。
だが、これならなんとかかろうじて(?)経路検索できる。イマイチだけどこれでいくしかないのか。
という不満を胸にGoogleMapsAPIなるご神託を読解してjavascriptってみる。とすると、目的地に旗を立て、自前のインフォメーションを表示することもできた。マーカーアイコンも変えられるし、マーカーびよんびよんするとか、ほかにもいろいろさまざまマイマップ以上にカスタムができるようだ。だがだがしかしか、今度はまたしてもマイマップと同じくルート検索をさせることが難しい。たぶんできなくはないのだが、Javascript調整で手間暇かかる。たとえば、
http://phpjavascriptroom.com/example3.php?f=module/include/ajax/gmapv3/directions/directions1.inc&ttl=%E8%A8%AD%E7%BD%AE%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB
上記、APIを用いてルート検索をさせるサンプルがすばらしいのだが、しかし残念ながらこれだけでは不十分でユーザーに出発点を選択させる手続きを加えないといけない。これを自力で実装する、その山に登りはじめる前にすでに息切れがする。
もちろんこれは神のお与えになった試練であることはわかっているのだが、、、、
と、それに取り組むまもなく、またまた腰くだけなのは、このGoogleMapsAPIにて表示したマップを含むページをiframe内に表示しようとすると、おお! 真っ白。なんてこったい、神はiframe内ではAPIを用いた地図表示をお許しにならないのだった。。。勉強する前に知りたかった。今回のわたしにはGoogleMapsAPIなる神託はなんの救いももたらさなかったという。

ということで結局は、http://maps.google.co.jp/maps?q= でやるしかないのだった。
やっと、とりあえず、そうした。(二日かかった。疲れた。)


posted by シマウマ at 20:17| Comment(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

携帯で表示可能な地図サイト:モバ地図エムがエラー

フィーチャーフォンで表示できる地図サイトを探していて、
PCはGoogleMapでじゅうぶんいける。携帯が問題だ。Goo地図はまぁ、あるのだが、目的地に旗が立たないとか、不満があるので。
ZENRINもmapfanも携帯地図表示機能はあるにはある。
ただ、「地図表示は無料※1です。」と書かれているが別途
「※1 指定した地点の地図表示は無料ですが、そこから地図のスクロールや拡大縮小を行なった場合、ドコモの携帯であればドコモ地図ナビ、auまたはsoftbankの携帯であればいつもNAVIのサービス紹介・および契約を促すページに案内させていただきます。」
みたく書かれていて、え゛ー、なにそれ、そんな気色悪いサイトにうちのお客さんを誘導できませんよ。

モバ地図エム
にたどりついたが、
携帯地図作成ツールへ というところから入れるはずのページで
「Javascript Error
--
undefined」
となってしまう。これは。。。サービス終了しているのだろうか?
これ↓↓↓
http://mobilemaptool.planm.jp/exe/mapcreate.php
残念だなぁ。
posted by シマウマ at 21:31| Comment(0) | etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

【マクロ】論理行頭、論理行末へ移動

サクラエディタでなぜか折り返し単位での行頭・行末移動しかないので。
//left_edge.js -論理行頭へ移動
(function(){
var LineNo = parseInt( Editor.ExpandParameter ( '$y' ) );
Editor.Jump(LineNo,0x01);
})();
//right_edge.js -論理行末へ移動
(function(){
var LineNo = parseInt( Editor.ExpandParameter ( '$y' ) );
LineNo = LineNo + 1;
Editor.Jump(LineNo,0x01);
var ColNo = parseInt( Editor.ExpandParameter ( '$x' ) );
if ( ColNo == 1 ){
Editor.Left(0);
}
})();
サクラエディタ使いの人、論理行頭・行末いらないのかなぁ。
posted by シマウマ at 10:05| Comment(0) | サクラエディタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

Googleマップのマイマップ、ズームと中心設定

たとえば
https://www.google.com/maps/d/u/0/view?mid=zDiDTdg1Co_c.kYdbnAV9Lfk4
というマイマップ、このままだとすんごく大きく拡大されてしまう。
マイマップ中のポイントがひとつだと超拡大、ポイントが複数だとすべてのポイントが表示されるように中心と拡大率が自動で設定されてしまう。これでは不便なときもある。
これらについて、Googleはいまだ公式の解決方法を持っていない。
それが出るまでの暫定処理。であって欲しい。

1) ズーム
&z=<ズーム値>
上記アドレスに &z=15 を加えると、
https://www.google.com/maps/d/u/0/view?mid=zDiDTdg1Co_c.kYdbnAV9Lfk4&z=15
zの値は大きくなるほど詳細になる。小さくなるほど広域。たとえば z=13だと
https://www.google.com/maps/d/u/0/view?mid=zDiDTdg1Co_c.kYdbnAV9Lfk4&z=13

2) 中心
中心の座標を得る方法その1
マイマップではなく、ふつーのgoogleマップで中心としたい場所を検索で探す。
ここでは例として「花やしき」を検索すると、
url欄に「@35.7159291,139.7936164」がある。
URL座標.jpg
この「35.7159291」「139.7936164」がそれぞれ緯度経度。
検索とかでは目的の場所を得られない場合もある。その場合は ↓ その2で。

中心の座標を得る方法その2
マイマップを作って得る。
https://www.google.co.jp/maps/d/u/0/ にアクセス。
マイマップwelcome.jpg
任意のマイマップを作って中心にしたいポイントを地図に追加。
add.jpg

追加されポイントをクリックすると左下に緯度経度が表示されている。
x_y.jpg
もちろん、すでにあるマイマップのポイントでも編集モードに入ればこれが表示される。

さて、得られた緯度経度をこれをさきほどのマイマップのurlにつなげてやる。
&ll=<中心の緯度>,<中心の経度>
やってみる。ここは&z=15で。
https://www.google.com/maps/d/u/0/view?mid=zDiDTdg1Co_c.kYdbnAV9Lfk4&z=15&ll=35.7159291,139.7936164

できた。
埋め込みも同じ要領。url中の「view?」を「embed?」にすれば埋め込み用urlになる。


posted by シマウマ at 12:57| Comment(0) | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

【サイトのスマホ対応】inputのtype

inputのtype種類が増えてたことを知った。
かなり以前だがPCプログラミングで入力ボックスに入ったときにIME制御をしたいと考えて、追求したことがある。が、そのときは結局、OS、IMEのすべてをカバーできる汎用的な方法が見つけることができなかった。(WindowsAPIの挙動自身が適当だった。)
今回はスマホ対応している途上でやっぱりinputにフォーカスが入った時にIMEが日本語入力モードで起動するのがうんざりでなんとかしたいと考えたので調べた。わたしの使っているスマホ上で普段使っているIMEの挙動、ということが前提。
type="text"では日本語入力モードになる。
type="number"で数値入力モードになる。
type="email"で英文入力モードになる。
type="url"でも英文入力モードになる。
type="tel"で「電話番号入力モード」になる。
最後のtelで立ち上がる電話番号入力モードが微妙だと思った。
このモード、スマホでサイトを巡っていてもごくたまにしかお目にかからない。わたしの使っているIMEでは手操作でそのモードへどうやったら入れるのか、それ自身がわからない。つまり使い慣れてないモードで、これってどうなんだろう。別に数値入力モードでいいんじゃね?という感想。
こうしたinputのtype拡張はhtml5仕様だというのだが、最近のPC向けchromeやIEではすでに対応しているようで、少し意外だった。
posted by シマウマ at 13:28| Comment(0) | html-css | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

IFTTTについて

前記事の件、うまくいかない。
つまり、
IFTTTでRSS→twitter連携のレシピを作る場合、「with image」で作ると何も画像がないとエラーになって投稿自身をしてくれない。「with image」抜きのレシピの場合レシピ中に{{EntryImageUrl}}があっても無視されて画像を投稿してくれない。
うーん。
dlvr.itの場合は、画像の件はうまくいくが、本文が長くて納まりきらないと全カットする。
seesaaの場合は、本文や画像を投稿するオプション自身がない。

他に選択肢は? IFTTT→Buffer→Twitterを試してみる。(この投稿で)
画像ありの場合。(Add to Bufferで表示されるかしら)
41QIoohdKhL._SL500_AA300_.jpg


posted by シマウマ at 21:19| Comment(0) | テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IFTTT試験(2)

IFTTT、RSS更新をトリガーとして「with image」でレシピを作成すると、画像が何もないときにエラーになって、何も投稿してくれない。
これはまずいので、「with image」抜きのレシピを作って、あえて{{EntryImageUrl}}を入れてみるとうまくいくかしら。
41QIoohdKhL._SL500_AA300_.jpg
posted by シマウマ at 20:34| Comment(0) | html-css | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。